関東のラスボス

関東の水がめとして知られ、関東地域が渇水のときによくニュースに登場するダム。利根川の最上流部にあり、ダムより先には道路はなく船舶等でないと行くことができない。本体部分のアーチ式、ゲート部分の重力式、駐車場からの歩道部分のフィルダムから成る。また、ダム本体より離れた場所にあるスキージャンプ式洪水吐きからの放流は迫力満点。年一回の点検放流には、2000人もの観客が訪れる。

                

ダム情報
所在地 群馬県利根郡みなかみ町藤原字矢木沢
河川名 利根川水系利根川
型式 アーチ式コンクリートダム
ゲート 溢流型二段式ローラゲート×2門
堤高 131m
堤頂長 352m
提体積 571千m3
総貯水容量 2億430万㎥
管理事業者 水資源機構
本体着工・完成年 1959・1967年
建設会社 熊谷組
ダムの目的 FNAWP
ダム湖 奥利根湖(おくとねこ)
ダムカード情報
ダムカードの有無
配布場所 水資源機構 矢木沢ダム管理事務所
配布時間 8:30~17:00(土、日、祝日も配布)※冬期(11月下旬~4月下旬予定)は、積雪のため閉鎖
配布機関 水資源機構